最近では、会社に対して愛情を持っている社員が少なくなりました。
昭和の時代には会社が全てのような働き方をしている方が多く、中には過程を顧みず仕事に没頭しているような方がいました。
しかし、令和の時代になり、共働きなどの家庭が増えるなかで、仕事だけしていればよいという時代では無くなってしまいました。
定時で帰宅し家事や育児も行うような方が多い現代社会においては、愛社精神などは二の次になってしまっているのかも知れません。

会社に対して愛情を持っていない社員の方は、やはり離職率も高く会社の経営を圧迫してしまっております。
会社に愛情を持ってもらうためには、楽な仕事しかまわさないであったり、休日にバーベキューをするような的外れな対応ではなく、やりがいのある仕事をしてもらう必要があります。
誰でもできるような仕事ではなく、自分の頑張りによって大きく成果が変わってくるような仕事をすることによって、社員に会社からの期待を肌で感じてもらうことができますし、仕事を面白いと思ってもらう事もできます。
面倒な作業などはHRコボット for 応募対応のようなRobotic Process Automationサービスにお任せしてしまい、働いていることが楽しくなるような環境作りを行っていきましょう。