食品流通の最適化がこれからの時代に必要だとされています。
テクノロジーを活用することによって、多くの人の労力を削り最終的なコストを減らし、食卓の食費を減らすことも出来るのです。
こうすることによって、生産者やその他関係者の所得も上がり、エンドユーザーの暮らしも楽になるため、最終的に社会的幸福にもつながります。

株式会社いずみホールディングスはこれからの食品流通の最適化について事業化を進めている企業です。
泉卓真氏が代表を務めています。
こちらは水産卸売事業・畜産卸売事業・農産卸売事業・物流事業・プラットフォーム事業・国際事業部などの多彩な事業展開をしています。
これらの事業が複雑に関係し合うことによって、それぞれが持つノウハウが相互的に成長を高めることになるのです。

食品流通の世界において、流通経路の改革だけでなく収益構造の改革を実現するためのプラットフォーム事業は食品流通の最適化に最も関係した株式会社いずみホールディングスの事業です。
独自のシステムにおいて企業活動を担うことで生産量を増加させるだけでなくコストを軽減します。

さらに、インターネット上の仮想市場である「日本卸売市場」は自宅にいながら本物の味を鮮度や状態・流通スピード、すべてにこだわったものとなっています。
代表の泉卓真氏についてはこちら