住居者以外の外部者の出入りが頻繁になるマンション大規模修繕ですが、
これは修繕作業を行う上では仕方のない事です。しかしこれを悪用し、
普段は居住者以外は建物への立ち入りが出来ないビラ配りの人や
その他の商売を目的とした人も作業員にまぎれて容易に侵入されると、
居住者にとって非常に迷惑がかかります。

マンション大規模修繕を行う業者はこれに関しても配慮が必要なります。
例えば、作業員・関係者には身分証明証を付けさせる等して不審者との区別をつけます。
これによりマンション修繕業務の関係者であるか否かは一目瞭然になるので
セキュリティー面が強化され、居住者に安心が生まれます。